SKC

会社沿革

昭和28年10月 前社長石黒司郎が常磐工業の名前で東京都港区芝浦南佐久間町2丁目7番地に操業
昭和29年 1月 東京都品川区大井林町275番地へ移転
昭和31年 7月 東京都港区芝浦浜松町4丁目7番地に新社屋を建築し、移転と同時に法人設立
昭和33年 6月 東京都大田区入新井5丁目259番地品川工業株式会社解散につきその全従業員を継承
昭和33年11月 東京都大田区本蒲田2丁目26番地東京設計工業株式会社解散につきその全従業員を継承
昭和38年10月 旋盤、フライス盤等を購入して機械工場を設置し、各種機械類主に自動機の施工・試作・製造を開始
昭和41年 8月 資本金を320万円に増資
昭和45年 9月 社名を伸幸技術株式会社、伸幸工業株式会社の2社に離し、品川区大崎1丁目9番3号へ移転
昭和48年 2月 上記工場を閉鎖し東京都港区芝大門2-7-5 MTビル 3Fへ移転
昭和60年10月 資本金を1,250万円に増資
昭和63年 2月 社名をSKC株式会社と変更し現在地に移転
平成 2年10月 代表取締役に石黒清隆が就任
平成 3年 3月 資本金を2,500万円に増資
平成 7年 2月 東京都港区芝浦2丁目14番13号へ移転

history image1

history image2history image3

 

Home 会社沿革